不当解雇・退職扱い

協調性不足を理由とする解雇-有効性の判断方法と協調性不足を指摘された場合の対応-

 労働者の協調性が不足していることを理由に使用者から解雇されることがあります。
 では、協調性不足を理由として、解雇することは許されるのでしょうか。
 今回は、協調性不足を理由とする解雇について解説します。

就業規則上の規定

 協調性不足を理由とする解雇につき、就業規則などでは以下のような規定が置かれている会社が多いです。

規定例

第〇条(解雇)
労働者が次のいずれかに該当するときは、解雇することがある。
勤務状況が著しく不良で、改善の見込みがなく、労働者としての職責を果たし得ないとき。
②…
第〇条(懲戒の事由)
労働者が次のいずれかに該当するときは、懲戒解雇とする。ただし、平素の服務態度その他情状によっては、第51条に定める普通解雇、前条に定める減給又は出勤停止とすることがある。
故意又は重大な過失により会社に重大な損害を与えたとき。
素行不良で著しく社内の秩序又は風紀を乱したとき。
数回にわたり懲戒を受けたにもかかわらず、なお、勤務態度等に関し、改善の見込みがないとき。
④…

解雇の有効性

 普通解雇及び懲戒解雇いずれも、「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合」には、濫用として無効になります(労働契約法15条、16条)。
 協調性不足自体が懲戒解雇事由に該当するのは稀です。裁判例の中には、世界的にも有名な高級ブランドを扱っている企業の特殊性が加味して、他の従業員との協調性不足、不適切な接客態度を理由に懲戒解雇が有効としたものがありますが(東京地判平11.5.14労経速1709号25頁[カルティエジャパン事件])、通常は、普通解雇を問題とすべき類型です。
 普通解雇であっても、労働者に協調性に欠ける態度があれば直ちにこれが有効となるわけではありません。その労働者の協調性不足により使用者に具体的な支障が生じていない場合や、支障が生じていたとしてもこれを指摘した上で改善の機会を十分に与えていない場合には、解雇権の濫用として無効になるでしょう
 協調性不足を理由とする解雇の有効性の判断に当たっては以下のような事情を考慮することになります。

☑ 使用者の業種
☑ 労働者の地位
☑ 協調性不足の具体的な内容・程度
☑ 協調性不足による具体的な支障の有無・程度
☑ 業務改善の機会の付与の有無
☑ 他の労働者との均衡

不当解雇とは?判断基準や違法性を3つのケースでわかりやすく解説不当解雇とは、法律や就業規則等の条件を満たしていない解雇のことをいいます。今回は、不当解雇とは何かについて、その判断基準や違法性を3つのケースで解説していきます。...

協調性不足を指摘された場合の対応

 上記のように、協調性不足を理由とする解雇については、労働者に対して、まず注意指導して改善の機会を与える必要があります。
 では、労働者は、使用者から協調性不足を指摘された場合には、どのように対応すればいいのでしょうか。

ポイント1:対象となる事実を確認する

 使用者が、いかなる事実を根拠として協調性不足を指摘しているのかを明確にする必要があります。そのため、労働者は、協調性不足を指摘された場合には、使用者に対して、日時や態様、発言等を確認して、認識の共有を図ることが重要です
 使用者が、「それは自分で考えるように」などと言い、対象となる事実を具体的にすることを避ける場合には、説明を求めたことを書面やメールなど形に残しておくといいでしょう。

ポイント2:事実との異なる場合にはその旨説明する

 使用者から協調性不足について具体的な説明があったものの、それが事実と異なる場合には、その旨を説明するべきでしょう。
 労働者と使用者で認識の共有が図れない場合には、使用者がいかなる根拠・裏付けに基づいて主張しているのかにつき確認をすることになります。
 協調性不足については、言った言わないになりがちで、争いになった場合には他の従業員の証言などが提出されることになります。労働者と使用者との間の証拠収集能力に差があるため、労働者としても、争いになりそうな場合には発言や行動を記録に残しておくなどの対策を採ることも考えられます。もっとも、協調性不足が指摘されている状況ですので、いかなる方法により記録に残すかについては、慎重に検討するべきでしょう。例えば、使用者からやめるように言われても録音をし続けるような方法は、労働者に不利益に考慮される場合があります

ポイント3:事実に沿う場合には改善に努める

 使用者が指摘した具体的な事実が自らの認識とも合致する場合には、今後はそのような行動をしないよう改善に努めることになります。

【保存版】会社から業務改善命令をされた場合の対処法会社から業務改善命令をされた場合、どのように対応するのが適切なのでしょうか。業務改善命令に対する労働者の対応によっては、労働者にとって不利益となる場合もあります。今回は、業務改善命令をされた場合の対処法について解説します。...
ABOUT ME
弁護士 籾山善臣
神奈川県弁護士会所属。主な取扱分野は、人事労務、離婚・男女問題、相続、企業法務、紛争解決(訴訟等)、知的財産、刑事問題等。誰でも気軽に相談できる敷居の低い弁護士を目指し、依頼者に寄り添った、クライアントファーストな弁護活動を心掛けている。持ち前のフットワークの軽さにより、スピーディーな対応が可能。
解雇に注力している弁護士に相談してみませんか?

・「解雇は不当だと感じているけど、あきらめるしかないのかな…」
・「解雇を争いたいけど、自分でやるのは難しそうだな…」
・「解雇されてしまったけど、会社に給料や慰謝料、解決金などのお金を支払ってもらえないかな

このような悩みを抱えていませんか。このような悩み抱えている方は、すぐに弁護士に相談することをおすすめします。

解雇を争う際には、適切な見通しを立てて、自分の主張と矛盾しないように慎重に行動する必要があります。

初回の相談は無料ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

365日受付中
メール受付時間:24時間受付中
電話受付時間:09:00~22:00

メールでの相談予約はこちら

お電話での相談予約はこちら

▼PCからご覧になっている方・お急ぎの方はこちらへお電話ください(直通)▼
090-6312-7359
※スマホからならタップでお電話いただけます。