労働一般

ブラック企業まとめ!過酷な職場環境を生き抜くための完全マニュアル

ブラック企業まとめ!

最近、「ブラック企業」という言葉を聞く機会が増えてきましたよね。

しかし、ブラック企業について、明確な定義や法律があるわけではないため、問題点や対処法がわかりにくいと悩んでいる方も多いはずです

ブラック企業とは、一般に、労働者を酷使して劣悪な労働環境で働かせる企業との意味で用いられる傾向にあります。

ブラック企業には特徴がありますので、入社する前に気がつくことができて、これを回避することができればベストです

しかし、面接の段階ではその内情を知ることができず、入社してしまってからブラック企業であったと気付くことも多いのが実情です。

ブラック企業に入社してしまった場合には、その会社を「退職すること」、「通報すること」、「訴えること」などの選択肢があります

また、ブラック企業を相談することができる窓口についても、複数整備されていますので、相談しやすい環境が整ってきています。

今回は、ブラック企業についての基本的な知識の全体像を分かりやすく概観していきます。

具体的には、以下の流れで説明していきます。

この記事を読めば、あなたのブラック企業について疑問も解消するはずです。

 

 

 

ブラック企業の意味

ブラック企業とは、一般に、労働者を酷使して劣悪な労働環境で働かせる企業との意味で用いられる傾向にあります。

ただし、ブラック企業の定義は、厚生労働省においても、明確にされているわけではありません

ブラック企業とは何かについては、以下の記事で詳しく解説しています。

ブラック企業とは?
ブラック企業とは?定義と4つの基準でどんな企業かわかりやすく解説ブラック企業とは、労働者を酷使して劣悪な労働環境で働かせる企業との意味で用いられることが一般的です。今回は、ブラック企業とは何かについて、4つの基準や具体例を用いながら、わかりやすく解説していきます。...

ブラック企業の特徴

ブラック企業の特徴を知ることで、注意しなければいけない会社がどのような会社なのかがわかってきます。

以下のような特徴がみられる会社は、ブラック企業の可能性があるので気を付けるようにしましょう

・理不尽な精神論を語る
・契約書や規則等の証拠は作らない
・やりがいばかり強調して低賃金
・ワンマン経営で社長の言うことが絶対
・長時間の残業
・ハラスメントの横行
・労働基準法を守らない
・退職させてもらえない
・有給休暇を使えない
・ノルマがきつい
・簡単に採用される

具体的には、入社しようとしている会社がブラック企業かどうかを見分けるには、以下の10個の事項について確認してみるべきです。

・雇用契約書や労働条件通知書の有無
・固定残業代の想定している残業時間
・賃金体系が明確か
・ネットの評判や口コミ
・社員の雰囲気
・年齢層に偏りがないか
・採用人数が多すぎないか
・タイムカードの有無
・就業規則の有無
・深夜に電気がついていないか

ブラック企業の特徴については、以下の記事で詳しく解説しています。

ブラック企業の特徴11個と見分け方
ブラック企業の特徴11個と見分け方!求人や面接で必ず確認すべき事あなたがブラック企業の被害を受けないための一番確実な方法は、ブラック企業に入社しないことです。今回は、ブラック企業の特徴と見分け方について、「必ず確認すべき事項」を整理して解説します。...

 

ブラック企業が多い業界ランキング

一般にブラック企業が多いと言われる業界をランキングにしてみると、以下のとおりです。

(参考:厚生労働省 新規大学卒業就職者の産業別離職状況)

これらの業界にある企業に入社する場合には、ブラック企業の特徴がないか特に慎重に確認するべきでしょう

ブラック企業の多い業界については、以下の記事で詳しく解説しています。

やめた方がいい!ブラック業界ランキング1~9位とホワイト業界4選ブラック業界では、その業務の内容から、他の業界に比べて、ブラック企業が多くなる傾向にあります。今回は、ブラック企業が多い業界やその特徴を解説していきます。...

ブラック企業リスト

ある企業がブラック企業かどうかを判断する際に参考になるものとして、いわゆる厚生労働省の「ブラック企業リスト」というものがあります。正式名称は「労働基準関係法令違反に係る公表事案」といいます。

以下のように、企業名や違反した法律、事案の概要がリストになっています。

ブラック企業リストの例

「労働基準関係法令違反に係る公表事案 令和〇年」といったワードで検索すると、上位にヒットすることが多いので試してみてください

ただし、公表されている事案の中心は、労働安全衛生法違反となっています。ブラック企業リストには掲載されていないものの、「長時間の残業」や「残業代の未払い」、「ハラスメント」が横行している会社も多く存在することに注意が必要です

公表事案の傾向(参考:労働基準関係法令違反に係る公表事案(令和2年3月1日~令和3年2月28日分)[掲載日:令和3年3月31日])

ブラック企業リストについては、以下の記事で詳しく解説しています。

厚生労働省のブラック企業リスト(2020~2021)の傾向や有用性と問題点を完全整理厚生労働省は労働基準関係法令違反に係る企業名や事案の概要を公表しており、これは一般にブラック企業リストと呼ばれることもあります。今回は、ブラック企業リストの傾向や有用性と問題点を解説します。...

 

ブラック企業と残業時間

残業時間は、ブラック企業かどうかを判断する上で重要な指標となります。

残業時間ごとの特徴を整理するとの以下のとおりとなります。

残業時間ごとの特徴

これを踏まえて、残業時間別のブラック度をまとめる以下のとおりです。

月25時間以下【ホワイト】
月25時間~月45時間【ブラック度:☆☆☆】
月45時間~月80時間【ブラック度:★☆☆】
月80時間~月100時間【ブラック度:★★☆】
月100時間超【ブラック度:★★★】

ブラック企業の残業時間については、以下の記事で詳しく解説しています。

ブラック企業の残業時間の基準は?
ブラック企業の残業時間の基準は?異常な労働時間と残業代回収の手順ブラック企業の過酷な残業を撲滅するためには、労働者一人一人が、残業に対する意識を変えていくことが大切です。今回は、ブラック企業の残業時間の基準を説明した上で、あなたがするべき対処について解説します。...

ブラック企業に入社してしまった場合の対処法

もしも、ブラック企業に入社してしまった場合には、例えば以下の3つの対処法があります。

・ブラック企業を退職する
・ブラック企業を通報する
・ブラック企業を訴える

順番に紹介していきます。

ブラック企業を退職する

働いている会社がブラック企業であった場合には、退職することも選択肢の1つです。

例えば、積極的に退職を検討するべきケースとして、以下の4つがあります。

ケース1:月100時間を超える残業があるケース又は月45時間を超える残業が恒常化しているケース
ケース2:サービス残業が多く、かつ、残業代の支払いを求めても応じてもらえないケース
ケース3:会社がハラスメントを認識しているのに、何ら改善の措置を講じないケース
ケース4:十分な説明や根拠なく給料が引き下げられるケース

ブラック企業をスムーズに退職するためのポイントは、以下の7つです。

ポイント1:退職は2週間以上前に伝えること
ポイント2:退職理由はよく考えること
ポイント3:退職届はコピーしておくこと
ポイント4:離職票の交付を求めること
ポイント5:有給休暇を消化すること
ポイント6:引き継ぎには協力すること
ポイント7:私物を引き取ること

ブラック企業を退職する際には、以下のようなトラブルが生じがちなので注意しましょう。

トラブル1:大勢の前で退職理由を言わされる
トラブル2:会社に退職できないと言われる
トラブル3:会社から書類に署名押印を求められる

ブラック企業を退職する方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

ブラック企業の簡単な退職方法!
ブラック企業の簡単な退職方法!2週間で脱出してホワイト企業へ転職ブラック企業の中でも特に悪質な会社に勤めている方が自分の身を守るためには、退職を検討すべきです。今回は、ブラック企業を脱出してホワイト企業へ転職する方法について、誰でもわかりやすいように解説していきます。...

ブラック企業を通報する

ブラック企業で働いている方が職場環境に問題があることを通報したい場合には、以下の手順で行うといいでしょう。

手順1:事実関係と証拠を整理しておく
手順2:労働基準監督署に面談に行く
手順3:助言に従った上で調査や指導の報告を待つ

労働基準監督署は、通報があった場合でも、通常、会社に誰が通報したかを伝えることはありません

しかし、他の原因により、あなたが労働基準監督署に通報したことが、会社に知られてしまうことがあります

そのため、自分が通報したことが会社にバレたくない場合には、以下の3つの対策をしておきましょう。

対策1:通報したことを他の従業員に言わない
対策2:通報するタイミングに気を付ける
対策3:会社内で通報の準備をしない

ブラック企業を通報する方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

ブラック企業を通報する3つの手順
ブラック企業を通報する3つの手順と会社にバレないための簡単な対策会社の悪事は見逃せない一方で、それを通報すると報復にあわないか不安ですよね。今回は、ブラック企業を通報するための手順と会社に通報したことがバレないようにする対策について解説していきます。...

ブラック企業を訴える

以下のようなケースでは、ブラック企業を訴えることも選択肢となります。

ケース1:残業代が支払われないケース
ケース2:不当な解雇が行われたケース
ケース3:執拗な退職勧奨をされたケース
ケース4:ハラスメントにより精神的苦痛を受けたケース
ケース5:危険な業務により病気やケガをしたケース

ただし、ブラック企業を訴えると言っても、いきなり訴訟をすることはおすすめしません

訴訟を行うには、多くの労力や時間がかかるため、まずは任意の話し合いによる解決を模索するべきだからです。

ブラック企業を訴えたい方に、おすすめの手順は以下のとおりです。

手順1:通知書の送付
手順2:交渉
手順3:労働審判
手順4:訴訟

ブラック企業を訴える方法

ブラック企業を訴える方法については、以下の記事で詳しく解説しています。

ブラック企業を訴えることができる5つのケース
ブラック企業を訴えることができる5つのケースと成功のための全手順「ブラック企業を訴えたい!」けど、訴える方法や訴えたらどうなるのかがわからないと悩んでいませんか? まず、ブラック企業を訴える場合...

 

ブラック企業についての相談先

ブラック企業についての相談先は、以下のフロチャートに従って検討するといいでしょう。

ブラック企業の相談先フロチャート

ブラック企業についての相談窓口の特徴をまとめると以下のとおりです。

ブラック企業の相談窓口の特徴

まとめ

以上のとおり、今回は、ブラック企業についての基本的な知識の全体像を概観していきました。

この記事がブラック企業についてもっと知りたいと感じている方の助けになれば幸いです。

以下の記事も参考になるはずですので読んでみてください。

もう悩まない!弁護士が教えるサービス残業についての全知識まとめ!あなたはサービス残業について正しく理解できていますか。もしも、あなたがサービス残業をしている場合には、これまでの残業代を請求することができます。この記事では、サービス残業について、基本的な知識の全体像を分かりやすく概観しています。...
残業時間の平均は25時間!残業時間ごとの特徴とブラック企業の基準自分の残業時間が多いか悩んでいませんか。今回は、残業時間の平均や特徴を説明した上で、残業を減らす方法や未払いの残業代を取り戻す方法を解説します。...
ABOUT ME
弁護士 籾山善臣
神奈川県弁護士会所属。主な取扱分野は、人事労務、離婚・男女問題、相続、企業法務、紛争解決(訴訟等)、知的財産、刑事問題等。誰でも気軽に相談できる敷居の低い弁護士を目指し、依頼者に寄り添った、クライアントファーストな弁護活動を心掛けている。持ち前のフットワークの軽さにより、スピーディーな対応が可能。
残業代に注力している弁護士に相談してみませんか?

・「残業代を請求したいけど、自分でやるのは難しそうだな…」
・「会社と直接やりとりをせずに残業代を請求する方法はないのかな?」
・「働いた分の残業代は、しっかり払ってほしいな…」

このような悩みを抱えていませんか。このような悩みを抱えている方は、すぐに弁護士に相談することをおすすめします。

残業代には2年の時効がありますので、早めに行動することが大切です。

初回の相談は無料ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

残業代請求の相談・依頼はこちらのページから

365日受付中
メール受付時間:24時間受付中
電話受付時間:09:00~22:00

メールでの相談予約はこちら

お電話での相談予約はこちら

▼PCからご覧になっている方・お急ぎの方はこちらへお電話ください(直通)▼
090-6312-7359
※スマホからならタップでお電話いただけます。