未払残業代・給料請求

【誰でもわかる】45時間分を超える固定残業代は無効?-長時間分の固定残業代の有効性-

 会社で固定残業代性がとられている場合がありますが、その固定残業代が想定する残業時間が長時間にわたることがあります。
 もっとも、法律が想定しないような長時間の残業を前提とすることは許されるのでしょうか。
 今回は、長時間分の固定残業代の有効性について解説します。

固定残業代で想定される残業時間の実態

 固定残業代とは、基本給の一部に定額の残業代を含めて支給したり、基本給とは別に低額の手当を残業代として支給したりするものです。みなし残業代と呼ばれる場合もあります。固定残業代自体は違法とはされていませんが、就業規則等による労使間の合意や固定残業代が明確に区分できることが必要とされており、固定残業代が有効な場合にも法律上支払うべき残業代に満たない場合にはその差額を清算する必要があります。
 東京都産業労働局による「労働時間管理に関する実態調査」では、「一定時間数分を定額で支給し、これを超えた時間について支払う」際の「一定時間数」については、「40時間以上」との回答は「13.1%」となっています。
出典:東京都産業労働局:「労働時間管理に関する実態調査」第3章従業員調査の集計結果

長時間分の固定残業代の有効性

 会社の支払う固定残業代が有効といえるには、先ほど説明したように、残業の対価であることについての合意があることと、通常の賃金部分と残業代部分が明確に区分できることが必要です。
 そうであるとすれば、固定残業代で想定される残業時間が長時間にわたる場合であっても、就業規則などで固定残業代制度が規定されていて、残業代部分が通常の賃金部分と区別できるのであれば、有効であるとも思います。
 しかし、会社が36協定で延長して労働させることができる限度時間は、1か月について45時間とされています(労働基準法36条4項)。
 また、平成13年12月12日基発第1063号「脳血管疾患及び虚血性心疾患等(負傷に起因するものを除く。)の認定基準について」によると、おおむね1か月あたり45時間を超えて時間外労働が長くなるほど、業務と脳・心臓疾患の発症との関連性が徐々に強まるとされています
 そのため、1か月あたり45時間を大きく超えるような残業時間分の固定残業代については、このような法令の趣旨に反し無効となる余地があります

固定残業代とは?すぐ分かる意味・違法性・会社の狙い3つ固定残業代は、労働者が固定残業代金額を超える残業をしたのにその差額を支払わない場合や固定残業代が条件を満たしていない場合には違法となります。今回は、固定残業代とは何かについて解説します。...

100時間分の固定残業代を無効とした裁判例

 裁判例には、1か月あたり100時間分に相当する固定残業代の支払いを無効としたものがあります(東京高判平26.11.26労判1110号46頁[マーケティングインフォメーションコミュニティ事件])。
 ガソリンスタンドに勤務する従業員(基本給月24万5000円程度、営業手当月18万円程度)が会社に対して残業代の請求をした事案について、会社は営業手当が固定残業代に該当すると反論をしました。
 これについて、裁判所は、所定労働時間数を月173時間として算出すると、営業手当は、おおむね100時間の時間外労働に対する割増賃金の額に相当することになるとしたうえで、
 法令の趣旨に反する恒常的な長時間労働を是認する趣旨で、営業手当の支払いが合意されていたと認めることは困難であるため、営業手当全額が割増賃金の対価と解釈することはできないとしました。
 そのうえで、営業手当の内、割増賃金に相当する部分とそれ以外の部分についての区別が明確になっていないから、これを割増賃金の支払いと認めることはできないとしています。

【誰でもわかる】うつ病や適応障害で労災が認められる6つのケースうつ病や適応障害などの精神疾患で労災は適用されるのでしょうか。精神疾患の場合には、特にそれが業務により生じたものなのかどうかが問題となります。今回は、うつ病や適応障害で労災が認められる6つのケースを紹介します。...

まとめ

労働者
労働者
私の会社は固定残業代制度を導入しているのですが、固定残業代は月100時間分の残業代として支給されていることになっています。このように長時間分の固定残業代は有効なのでしょうか。
弁護士
弁護士
固定残業代が有効といえるには、残業の対価であることの合意と通常の賃金部分と残業代部分が明確に区分できる必要があるとされています。
 労働者
 労働者
では、長時間分の固定残業代も、そのような合意があり、それ以外の部分と明確に区分できれば、有効になってしまうのでしょうか。
弁護士
弁護士
固定残業代の想定する時間が長時間に及ぶ場合には、そのような合意は法令の趣旨に反し、固定残業代の有効性が否定される余地があります。
  労働者
  労働者
どの程度の時間分の固定残業代だと法令の趣旨に反するのでしょうか。
弁護士
弁護士
一概にいうことはできませんが、36協定の限度時間や脳・心臓疾患との関連性が徐々に強まるとされている1か月あたりの時間外労働時間数は45時間とされていますので、これが参考になります。これを大きく上回るような残業時間分の固定残業代については、法令の趣旨に反するでしょう。
  労働者
  労働者
よく分かりました。ありがとうございます。
残業代の請求方法3つ!請求の流れや解決期間を5つの手順で簡単に解説残業代を請求する場合には、弁護士に依頼する方法や労基署に相談する方法、自分自身で請求する方法などがあります。今回は、残業代の請求方法につき、その流れや解決期間をわかりやすく解説します。...
【保存版】残業代請求を増額する全ポイント-弁護士が残業代請求のノウハウを公開-近年、残業代請求の事件数が増加傾向にあります。残業代を請求することに抵抗のある労働者もいるかもしれませんが、労働者の権利ですので躊躇する必要はありません。今回は、これまでの経験から、残業代請求を増額するポイントについて解説していきます。...
ABOUT ME
弁護士 籾山善臣
神奈川県弁護士会所属。主な取扱分野は、人事労務、離婚・男女問題、相続、企業法務、紛争解決(訴訟等)、知的財産、刑事問題等。誰でも気軽に相談できる敷居の低い弁護士を目指し、依頼者に寄り添った、クライアントファーストな弁護活動を心掛けている。持ち前のフットワークの軽さにより、スピーディーな対応が可能。
残業代に注力している弁護士に相談してみませんか?

・「残業代を請求したいけど、自分でやるのは難しそうだな…」
・「会社と直接やりとりをせずに残業代を請求する方法はないのかな?」
・「働いた分の残業代は、しっかり払ってほしいな…」

このような悩みを抱えていませんか。このような悩みを抱えている方は、すぐに弁護士に相談することをおすすめします。

残業代には2年の時効がありますので、早めに行動することが大切です。

初回の相談は無料ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

残業代請求の相談・依頼はこちらのページから

365日受付中
メール受付時間:24時間受付中
電話受付時間:09:00~22:00

メールでの相談予約はこちら

お電話での相談予約はこちら

▼PCからご覧になっている方・お急ぎの方はこちらへお電話ください(直通)▼
090-6312-7359
※スマホからならタップでお電話いただけます。