不当解雇・退職扱い

退職勧奨通知書はもらうべき?もらうメリットと簡単なもらい方を解説

会社から退職勧奨をされたものの退職の条件などが記載された書面が交付されずに悩んでいませんか?

退職勧奨の際に退職勧奨通知書が交付されないことも珍しくありません

なぜなら、会社が退職勧奨通知書を交付することは法律上義務づけられていませんし、退職の条件についてもあなたの考えを聞いてから決めたいと考えていることが多いためです。

会社から退職勧奨通知書が交付されない場合に、これをもらうべきかどうかは事案により異なります。例えば、以下の場合には、退職勧奨通知書をもらったほうがいいでしょう。

・条件を確認してから退職勧奨に応じるかを決めたい場合
・解雇なのか退職勧奨なのか不明確な場合

退職勧奨通知書をもらう方法は簡単です。会社に対して書面で具体的な条件を示してもらえなければ検討できないと伝えればいいのです。

ただし、退職勧奨通知書をもらう場合には、注意すべき点や確認すべき点があります。

実際、退職勧奨の際に書面の内容を確認せずに署名押印をしてしまったという相談がよくあります。あなたが内容をよく確認せずに署名押印してしまったがために、その後、退職を争うことができなくなってしまうケースもあるのです

そのため、退職勧奨通知書の意味をよく理解して対処することが重要です。

今回は、退職勧奨通知書を「もらうメリット」や「もらい方」について解説していきます。

具体的には、以下の流れで説明していきます。

この記事を読めば退職勧奨通知書が交付されない場合にどのように対処すればいいかがわかるはずです。

 

 

退職勧奨通知書とは【ひな型付き】

退職勧奨通知書とは、退職を促す旨及び退職の条件等を記載した書面です。会社が労働者に対して交付します。退職勧告通知書と呼ばれることもあります。

例えば、以下のような書面です。定型的な書式があまりないため、会社ごとに内容は異なります。

退職勧奨通知書

退職勧奨の理由としては、例えば、能力不足や素行不良、業務命令違反、経営上の必要などがあります。

これに対して、解雇予告通知書というものもありますが、これは退職勧奨通知書とは意味合いが大きく異なります。

解雇予告通知書は、予告期間満了をもってあなたを解雇するものであり、あなたの意思にかかわらず一方的に退職させるものです。

解雇予告通知書については、以下の記事で詳しく解説しています。

解雇通知書をもらえない場合の請求方法ともらったらやるべきこと3つ会社から解雇通知書を渡されても、すぐにあきらめる必要はありません。適切に対処することで、あなたの権利を認めてもらえる可能性があります。今回は、解雇通知書をもらった場合の対処法について解説します。...

退職勧奨通知書の交付は義務ではない

退職勧奨通知書を交付することは会社の義務ではありません

退職勧奨通知書について定めた法律上の条文はないのです。

実際、退職勧奨については口頭で行い、特に通知書は交付しない会社も多いです。退職勧奨通知書を交付しない会社に何か落ち度があるわけではありません。

会社によっては、退職日や退職理由、特別退職金については、労働者の話を聞かなければ決めることができないと考えていることがあります。この場合、まずは口頭で「退職してほしい」との意向だけが伝えられます。

これに対して、会社によっては、やり取りを明確にしておきたいと考えていることもあります。この場合、退職勧奨通知書が交付されることがあります。

そのため、退職勧奨通知書というのは、義務はないものの会社が便宜上交付しているものなのです。

 

退職勧奨通知書はもらった方がいい?

会社から退職勧奨通知書が交付されていない場合に、これをもらったほうがいいかどうかは事案により異なります。

あなたが会社から退職勧奨通知書をもらった方がいい場合としては、例えば以下の2つのケースがあります。

・条件を確認してから退職勧奨に応じるかを決めたい場合
・解雇なのか退職勧奨なのか不明確な場合

これに対して、退職勧奨であることが明確であり、かつ、断固としてこれに応じるつもりがないのであれば、あえて退職勧奨通知書をもらう必要はないでしょう

執拗に退職勧奨が繰り返された場合にその証拠を残しておけば足ります。

退職勧奨が違法な場合については以下の記事で詳しく解説しています。

退職勧奨が違法になる4つのケース!慰謝料の相場と増額する方法退職勧奨に応じるかどうかは、労働者の自由であるため、労働者の意思を妨げるような退職勧奨は違法になります。今回は、退職勧奨が違法になるケースと慰謝料の相場について解説していきます。...

それでは、退職勧奨通知書をもらった方がいいケースについて、それぞれ説明していきます。

条件を確認してから退職勧奨に応じるかを決めたい場合

退職勧奨通知書をもらった方がいいケースの1つ目は、条件を確認してから退職勧奨に応じるかを決めたい場合です。

会社から口頭で退職条件について伝えられても不明確ですし、あなたの認識と会社の認識に齟齬が生じる可能性があります。

そこで、退職条件通知書をもらうことで、退職条件についてのやり取りを明確にすることができます

実際、書面により交付を受ければ、それを持って専門家に相談することもできますし、検討する上でも便宜となります

なお、具体的な退職の条件を確認したいという目的は、「退職合意書(案)」をもらうことでも達成することができます。

退職合意書(案)というのは、あなたが退職勧奨に応じた場合に署名押印することになる合意書の案文です。

会社が考えている退職の条件として、退職勧奨の際に交付されることがあります。

例えば、以下のようなものです。

退職合意書(案)

解雇なのか退職勧奨なのか不明確な場合

退職勧奨通知書をもらった方がいいケースの2つ目は、解雇なのか退職勧奨なのか不明確な場合です。

この場合には、会社の意図を書面で明確にしてもらった方がいいでしょう

例えば、「明日から来なくていい」などと言われた場合には、法律関係が不明確になる場合がありますので、書面により会社の意図を明らかにしてもらいましょう。

「明日から来なくていい」と言われ場合の法律関係については、以下の記事で詳しく解説しています。

これってクビ?「明日から来なくていいよ」の5つの意味と簡単な対処法「明日から来なくていいよ」というのは、必ずしも「クビ」という意味で言われたとは限りません。この記事では、「明日から来なくていいよ」と言われた場合に想定される5つのケースを紹介した上で、①その意味を確認する方法、②そのケースごとに誰でもできる簡単な対処法を説明させていただきます。...

退職勧奨通知書のもらい方

退職勧奨通知書をもらう方法は簡単です。

会社に対して、例えば以下のように伝えればいいのです。

例1:「書面で具体的な条件を示してもらえなければ検討できない」
例2:「やり取りを明確にするために書面で交付してほしい」

会社は書面で具体的な条件を交付することに抵抗する場合もあります。

確かに、会社は退職勧奨通知書を交付する義務はありませんので、これを交付することを強制することはできません。

しかし、同様に、あなた自身が退職勧奨に応じるかどうかも自由ですので、あなたは不明確な条件では退職勧奨に応じることができないと言って、退職勧奨を断ることもできるのです

なお、退職勧奨通知書をもらう場合に会社から署名押印を求められることがあります。

多くの場合は受領したことについての確認ですが、あなたに不利益な事項が記載されている可能性もあるため、その場で署名押印をすることはやめましょう
あなたは、退職勧奨通知書をもらっても、受領書に署名押印をする義務はありません。

書面への署名押印が必要な場合には、一度持ち帰り弁護士に相談したいと回答するべきです。

会社から「受領を拒否するということか?」と言われたら、「署名押印が必要な場合には念のため専門家に相談したいとの趣旨です。」と答えれば足ります。

 

退職勧奨通知書をもらった場合の確認事項5つ

会社から退職勧奨通知書をもらった場合には、確認すべき事項がいくつかあります。

具体的には、以下の5つの事項を確認するようにしましょう。

確認事項1:退職日
確認事項2:特別退職金額
確認事項3:会社都合か自己都合か
確認事項4:有給休暇の残日数
確認事項5:未清算の債権の有無

確認事項1:退職日を確認

退職勧奨通知書をもらった場合の確認事項の1つ目は、退職日です。

あなたは、会社を退職した日以降は、会社からお給料をもらえなくなります。それを踏まえて、退職日が問題ないかを確認しましょう。

また、再就職との関係で何年間勤務していたかということが重視される場合もあります。そのため、その業界の就職事情なども考慮しましょう。

確認事項2:特別退職金額

退職勧奨通知書をもらった場合の確認事項の2つ目は、特別退職金額です。

特別退職金とは、あなたが退職勧奨に応じることにより、通常の退職金とは別に支給されるものです。

特別退職金をもらうことができれば、再就職するまでの間の生活資金とすることができます。

そのため、再就職をするまでにどのくらいの期間が必要かを踏まえて、生活資金として十分かを検討しましょう

退職勧奨の解決金の相場については、以下の記事で詳しく解説しています。

退職勧奨の解決金相場は給与の3か月~6か月分!税金にも注意すべき退職勧奨の解決金の相場は、給与の3か月分~6か月分程度といわれています。しかし、その金額は事案により異なりますので、その考え方をよく理解しておく必要があります。今回は、退職勧奨の解決金相場や税金について解説します。...

確認事項3:会社都合か自己都合か

退職勧奨通知書をもらった場合の確認事項の3つ目は、会社都合か自己都合かです。

退職勧奨通知書に記載されていない場合も多いので会社に確認してみましょう。

まず、自己都合退職と会社都合退職では、以下のとおり、失業保険の給付日数が異なります

自己都合退職と失業保険の給付日数 会社都合退職と失業保険の給付日数

また、自己都合退職では、失業保険を受給するまでに2~3か月の待機期間があり、会社都合退職に比べて、受給できるまでに時間がかかります

失業保険を受給する方法

そのため、会社都合退職の方が、労働者にとっては有利なことが多いです。ただし、再就職の際に退職理由の説明に困ることもありますので、それを踏まえてどちらが良いかを検討します。

確認事項4:有給休暇の残日数

退職勧奨通知書をもらった場合の確認事項の4つ目は、有給休暇の残日数です。

退職勧奨通知書には記載されていないので、自分で確認する必要があります。

労働基準法上の勤続年数と発生する有給休暇の日数は、以下のとおりです。

有給日数

ただし、有給休暇には2年の消滅時効がありますので、繰り越し分も含めて最高で保有できる日数は40日までです

会社によっては、有給の残日数に応じて手当を支給する制度が存在することもありますが、そのような会社は多くありません。

そのため、有給休暇の残日数が多い場合には、これを退職日までに消化できるかも検討しましょう。

確認事項5:未清算の債権の有無

退職勧奨通知書をもらった場合の確認事項の5つ目は、未清算の債権の有無です。

退職勧奨に応じる際に退職合意書を作成する場合には、会社とあなたのいずれも債権債務を有していないことを確認する旨の清算条項が入れられることが多いです。

清算条項がある場合には、あなたは会社に対して、何らかの債権を有していてもそれを請求することができなくなる可能性があります

退職勧奨に応じる前に、例えば、会社に対して未払いの残業代債権を有していないかなどを確認しておきましょう。

以下の残業代チェッカーを活用してみてください。

退職勧奨をされた場合には弁護士に相談しよう!

退職勧奨をされた場合には、弁護士に相談することをおすすめします。

弁護士に相談すれば、あなたの意向を踏まえて、どのような方針で対応するべきか助言してもらうことができます。

また、退職勧奨通知書がある場合には、それを確認した上でその条件が妥当なのかも検討してもらうことができます

弁護士に依頼した場合には、会社との煩わしいやり取りを全て丸投げすることができます。つまり、あなたは会社との間で交渉をしなくて済むのです。

そのため、退職勧奨をされた場合には、弁護士にすることがおすすめです。

 

まとめ

以上のとおり、今回は、退職勧奨通知書を「もらうメリット」や「もらい方」について解説しました。

この記事の要点を簡単にまとめると以下のとおりです。

・退職勧奨通知書を交付することは会社の義務ではありません。

・あなたが会社に退職勧奨通知書をもらった方がいい場合としては、例えば①条件を確認してから退職勧奨に応じるかを決めたい場合、②解雇なのか退職勧奨なのか不明確な場合です。

・退職勧奨通知書をもらうには、「書面で具体的な条件を示してもらえなければ検討できない」又は「やり取りを明確にするために書面で交付してほしい」と回答するのがいいでしょう。

この記事が退職勧奨通知書の不交付に悩んでいる方の助けになれば幸いです。

以下の記事も参考になるはずですので読んでみてください。

退職勧奨されたらどうすればいい?2つの選択肢と簡単な対処法退職勧奨をされた場合には、「退職勧奨に応じる」又は「退職勧奨を拒否する」という2つの選択肢があり、いずれの場合にせよ注意すべきポイントがあります。今回は、退職勧奨された場合の選択肢と対処法を解説していきます。...
退職勧奨は拒否できる!上手に拒否する方法4つとその後の異動や解雇会社からの退職勧奨は誰でも簡単に拒否することができます。上手に断るコツは、あなたが退職勧奨に応じる意思がないことを明確に示すことです。今回は退職勧奨を上手に拒否する方法と拒否した後のリスクについて解説します。...
ABOUT ME
弁護士 籾山善臣
神奈川県弁護士会所属。主な取扱分野は、人事労務、離婚・男女問題、相続、企業法務、紛争解決(訴訟等)、知的財産、刑事問題等。誰でも気軽に相談できる敷居の低い弁護士を目指し、依頼者に寄り添った、クライアントファーストな弁護活動を心掛けている。持ち前のフットワークの軽さにより、スピーディーな対応が可能。
解雇に注力している弁護士に相談してみませんか?

・「解雇は不当だと感じているけど、あきらめるしかないのかな…」
・「解雇を争いたいけど、自分でやるのは難しそうだな…」
・「解雇されてしまったけど、会社に給料や慰謝料、解決金などのお金を支払ってもらえないかな

このような悩みを抱えていませんか。このような悩み抱えている方は、すぐに弁護士に相談することをおすすめします。

解雇を争う際には、適切な見通しを立てて、自分の主張と矛盾しないように慎重に行動する必要があります。

初回の相談は無料ですので、まずはお気軽にご連絡ください。

365日受付中
メール受付時間:24時間受付中
電話受付時間:09:00~22:00

メールでの相談予約はこちら

お電話での相談予約はこちら

▼PCからご覧になっている方・お急ぎの方はこちらへお電話ください(直通)▼
090-6312-7359
※スマホからならタップでお電話いただけます。